問題なく解決

女性

交通事故の示談交渉はプロに任せましょう。

とても便利で生活の足として欠かせない存在ですが、一瞬の油断や不注意から起きてしまうのが交通事故です。そんな交通事故の約束7割が人身事故と言われています。 人身事故となれば、怪我の治療費や後遺症が残ってしまった場合や、最悪死亡してしまった場合の賠償金などの示談交渉をしなくてはいけません。 交通事故の加害者になってしまった場合は、通常保険会社が全て対応してくれますが、被害者になった場合には自分で相手側の保険会社と示談交渉しなくてはいけません。 しかし、被害者自身が法律のプロである保険会社と対等な交渉ができるはずはありません。そこで、その示談交渉は弁護士に任せるのが一般的です。交通事故に関わる弁護士費用の相場は、支払われる示談金の10%+20万円前後が多いようです。

弁護士特約は必ず付けるべき。

交通事故に遭い、代わりに示談金の交渉をしてもらった時に発生するのが弁護士費用です。 16年4月に弁護士報酬が自由化され、今では依頼する弁護士によって費用が違うなんて事もあるみたいです。しかし、今でも旧報酬の計算方法を採用しているところも多いようです。 また、報酬の自由化や交通事故の相談件数増加などで、最初にかかる相談料を無料にする弁護士事務所も増えています。 そして、最近の自動車保険のほとんどに、弁護士費用特約が付いています。これは、交通事故に遭い弁護士に代わりに示談金の交渉や、裁判手続きをしてもらた時にきに利用できるオプションで、平均300万円まで弁護士費用を保証してくれます。 これにより、多くの人が費用を気にすることなく依頼できています。

このエントリーをはてなブックマークに追加