交通事故にあっても冷静に弁護士で対応

電卓とホチキス

事故に巻き込まれる可能性

交通事故にあう可能性は、だれしもゼロというわけではありません。いつ交通事故に合うかは誰にも予測を建てる事ができません。そのためいざという時の為に、対応できるようにして置く必要があります。事故に巻き込まれてしまった場合は、加害者被害者での示談や保険会社の介入といった形で対処される事があります。しかし、それでも納得がいかないという人は多くあります。損害賠償がしっかり請求できるのか不安な人や、もっと高額な損害賠償になると考える人もいます。そういった時に弁護士に相談する事で、事故のトラブルを丸く収める事が出来ます。

事故が起こった時の手順

大阪という街は、人通りも車も多い都会になるので、そういった場所では自然と事故も起きやすくなっています。事故の対応を知っておくことで、後悔しない事故対応を行なうことが出来ます。まず、事故が発生した際には、その直後からしっかりとした対応を行なうことが大切です。事故後、保険会社へ連絡する事で各種補償を受ける事が出来ます。事故の際に怪我を負った場合、怪我が治った時から損害賠償の請求が行なわれます。損害賠償には請求の有効期限が定められており、3年経ってしまうと無効となるため注意が必要です。加害者、被害者が示談をして話し合うことに因って、合意書を作ります。ここで、示談が難航する事も多くあり、専門家の助けが必要になります。もし、示談で解決が出来ないのであれば、民事訴訟や民事調停と言った場で裁判が行なわれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加