注意しておきたいこと

電卓とノート類

弁護士に依頼する際注意すること

相談の際知っておくべきこと。日常生活で生じる、法的紛争の解決に一役買っています。ただし、注意しなくてはならないことがあります。それは、費用が掛かると言うことです。弁護士は社会正義のために活動することが、弁護士法に定められていますが、ボランティアではありません。彼等も弁護士活動によって生計をたてています。また、法的サービスは、専門的知識を必要とし、依頼者のために最善を尽くします。したがって、それ相応の報酬が必要となるのです。もちろん依頼者の財産状況によっては、報酬額を安くしてくれる弁護士も中にはいます。そのため、お金がないから、弁護士に依頼することを諦めるのではなく、まず相談してみると良いでしょう。

相談の際知っておくべきこと

お金がないために弁護士に依頼することができない人のために、訴訟費用を融資してもらえる、法的扶助制度があります。これは、あくまで資金を貸してもらえる制度で返さないといけないものではありますが、貧しさ故に、訴訟ができず、泣き寝入りしなければならない事態を防いでいます。また、弁護士によっては報酬の分割払いを認めてくれる者もいます。したがって、制度の利用についての相談も含めて、まずは弁護士に話を聞いてもらうべきでしょう。相談費用自体は、時間単位となっており、長くなれば費用もかかるので、あらかじめ相談内容を整理しておくのがお勧めです。また、無料相談会をやっていることもあるので、その機会に相談するのも費用を抑えふ一助となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加