法改正で変わった部分

パソコンの前の男性

平成13年からの法改正

行政書士法が平成13年から改正され、それまで書類作成の代理人であったことから、官公署など直接交渉できなかったのが、法改正によって官公署からの不許可決定に対し、依頼人からの要望で代理人として行政書士がその決定の不服申し立てをすることができるようになりました。それまで弁護士範囲内でしか依頼できなかった業務を、行政書士も行なうことができるようになったというわけなのです。これによって行政書士が扱える範囲が広がり、これから資格を取ろうと勉強をしていく人も含め、すでに行政書士となっている人も、それまで弁護士が行なっていたことの知識を持たなければならないというわけなのですが、業務を行なうものとしてでは効率が良くなってくるのです。

行政書士の業務範囲が広がっています

これから行政書士を目指す人はどんどんと増えてきており、受験するには人気のある資格となってきています。しかし、法改正によってからそれ以外の専門的な知識も必要になってくるかもしれません。たとえば、税理士の業務もある程度行政書士が行なうこともできるようになってきたこともありまして、気軽にコンサルタント的な依頼を受ける事務所も増えてきているのです。行政書士の数も増えてきたことにより、その生き残りをかけていろんな知識を増やして依頼者と対応していく人が増えてきているのです。しかし、さらなる知識を持つのは難しいこともあるので、それが厳しければほかの専門家と交流をしたりなど、様々な方法を利用できるように予備知識を含めた専門家になると良いかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加